通信機器を借りたあなたへ、教えておきたいレンタルのこと

>

レンタルとリース、何がちがうの?

あなたが会社を作るなら

新しい会社を興す時、やはり欠かせないのは電話やインターネットに使用するLANケーブル、モデムなどの通信機器です。
外の会社とのやり取りができなければ、ビジネスは成り立たちませんからね。

ですが、それらをすべて買いそろえていたら、けっこうな値段になります。
働き手が、社長であるあなたが1人ならば、それほど多くは必要ないかもしれません。
ですが、それらの機器を社員全員分そろえようとすると、かなりまとまった金額になりますよね。

そうした時にレンタル業者を利用すれば、その費用は10分の1以上抑えることが可能となります。
あるいはあなた1人分でも、そうした機器の購入費用が浮けば、他の設備投資に資金を回すことができます。

自由に交換、新しい機種に

とにかく、電気機器の進歩は日進月歩です。購入した翌月には、上位機器が新しく発売しているということもしばしばです。
新しいものが出るんなら、電気屋の店員さんも言ってくれればいいのに…と思いますよね。

よりよい環境を求めるならば、新しい製品のほうがよいでしょう。特にビジネスの場で使うならば、です。
そんな時にレンタルならば、すぐにでは無理でもしばらくすれば、より上位の機能を備えた機器に借り換えることが可能です。

購入してみたけれど、どうにも使い勝手が悪いという時にも、レンタル品ならば、交換すればいいだけです。
もし、社員全員にそれらの機器を備品として支給するなら、個々人で使い勝手のよいものを選んで渡すこともできるかもしれません。


TOPへ戻る